さようならピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

足が悪くなった理由がわかったかもしれません

気のせいかもしれませんが、足が悪くなった理由がわかったかもしれません。

気のせいかもしれません。

 

「気」のせいでした。

 

僕は足の悪化を3人の医者に診ていただきました

その際3名ともに、同じ質問をされて、同じ答えを返しました。

それは

「いつから足がおかしくなりましたか」

という質問でした。

それに僕はこう答えました。

「長野に帰ってきてからです。東京ではまったく問題ありませんでした」

 

そうなのです。

長野にかえってきてから、おかしくなった。その前は元気に歩いていました。

普通に歩いていました。

 

長野に連れ戻されてから、おかしくなった。そうでした。

 

足がおかしくなったのは、精神的なもの。それが大きかった。

現に、内科、整形外科、神経内科

すべて原因不明となった。

 

僕は心療内科などは今現在受診していないです。そのような薬などはまったく飲んでいません。

しかし、不眠気味であり、軽い睡眠導入剤は内科より処方されています。

 

つまり、精神的な疾患が無い、とは言い切れない状況なのです。

 

この足が悪いこと

精神的な事が影響した。そのような精神状態であるということは

この日記が証明していますよね。

上げ下げはげしく、悲観的なことばかりかと思えば突然前向きになったり

でも、基本的にはずっとずっと落ち込んでばかり。

 

そんな月日が、ずっとずっとずっと!続いています!!!

 

こんな毎日が身体に影響しないはずがない!!!

 

あまりこちらで書いてはいなかったかもしれませんが

東京に久々に行って朝に「不忍池」に行って歩いた瞬間に、「足が治った」こと。

「まさかまさか」と思いましたが、たしかにその瞬間には治っていました。ちょっと走れたりもしました。ほんとですよ!!!

 

そして気づきました。

「自分は細胞レベルで長野が嫌なんだ」と!!!

 そして、すぐにまた悪くなりました。

帰る場所が長野だと気づいたからです!!!

そして、その後2度の東京訪問で、治ったと感じたことはありません。

また、長野に帰ることが決まっているからです!!!!!!!

 

足不調の原因はストレスでした。昨日もストレスだらけ、仕事以外はストレスだらけ、なのでマシな状況かもしれない。それを掴み取れたのも、自分のおかげです。クソバカな家族の言うこと「上田に出たらしばらくはコンピュータの仕事ではなくて身体を使った仕事を」みたいな糞馬鹿死ねな意見をきかなかったおかげです!ざまーろろ!!!!!!! 

 

検査入院はとりあえずします。その結果はすぐには出ないでしょう。

でも結果はまた「特に問題なし」になるかもしれない。きっとそうでしょう。

 

 

そしたら僕は親にたまらず、叫ぶかもしれません。足を治すために!!!

 

くそハゲーー