おやすみピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

完全な孤立

自分は在宅勤務の仕事を始めようとしている。

家から出なくて、住む。

通勤の手間がなくなる。

 

それは今の自分にとって、大きな意味がある。

 

自分は車の免許が無い。

だから、歩くか、自転車か、自転車で駅まで行ってそれから電車か。

 

いずれも、大きな負荷がかかる。

東京では考えられないような負荷が、そこにかかってくる。

雨が降るだけで大きな支障がでてしまう。

 

今から不安なのだが

冬が特に辛い。

ここに越してきた時は3月。まだ冬だった。

標高が高かろうが、低かろうが、ここはどこでも寒い寒い寒い。

 

ほんとうに最悪だ。

そんな中で、わざわざ毎日、外にでて出勤するなんて・・・

 

しかし、今回の仕事だけになるとしたら、そんな心配はなくなる。

幸い、家のすぐ横にはスーパーもある。

 

外に出なくてもいい 外に出なくてもいい

冬に辛い思いをしなくてもいいんなんて、いいんだろうか。

 

良いに決まっている。

辛いことからは逃れたい。

 

その仕事だけを選択することは、自分にとって孤立を意味することになるのだけれども、今、アルバイトをしていても、孤立をしていると感じているのだから。

大差がないのだ。

 

完全な孤立

完全な孤立を手に入るするため、僕はまた東京に行って手続きと打ち合わせをする。

 

変な話だ。

でも、ありがたいと思う。

冬の寒さから逃れられると思えば、なんだってやる!

長野はクソ!!!