おやすみピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

シンプルに考えた結果

シンプルに考えることを忘れていました。

箇条書きにしてみます。

・長野で生きていくのは単純につらい

・長野は不便

・病院を見つけることすら難しい。予約が1ヶ月先など。通うのが遠い。

・死にそうになったときにつらい

・長生きできそうにない

・ロクな仕事がない

・車の免許、車がないと、普通に不便

・低収入の仕事しかないので、免許を取ることがそもそも無理

・何もかもが制限されるまいにち

・文化的程度が低い

・人が少ない→出会いがない

結論

長野から逃げ出す

 

そして

・コンビニバイトはやはりつらい

・足がおかしいのは、運動不足とかではなくて普通に病気だった。

・しかし、病院の予約が1ヶ月先とか

・病院はくそとおい佐久のくそ病院

・1時間に1本あるかないかのローカル線が最終の到達駅。その前にも30分に一本あるかないかのローカル線乗り継ぎ

・地獄

・コンビニバイトは、足がとうめんこのままなので一旦休ませてもらう

・現実に研修で何日か休まなければいけない

・自分の代わりはいくらでもいそう。バイト募集の張り紙も新しく貼られていた

・責任感を感じる必要はない。代わりはいるし、他の仕事もある

・他も接客業しかない

・足をなんとかしてから考えよう

・新しい仕事はあまり稼げそうにないけど、がんばれば良い話もあるかもしれない

・そのために、できるだけ新しい仕事を中心に考えて、他はなんとかしていこう

 

結論

コンビニバイトは無理だったごめんなさい

 

・自分の目的は東京に帰って、音楽をやること

・だからピアノをがんばろう

・良い曲をたくさんつくろう

・そして残そう

・今にみていろ

・俺を忘れたやつらに、いつかおもいださせてやる

 

実は、整形外科で気休めていどの薬をもらいました。

注意は受けていたのですが、眠くなる薬です。

朝食後飲んで、もうねむいです

 

おやすみなさい