読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

もう日記なんて止めにします

日記に書くことが何もないので、日記を書かないようにします。

しかし、なんですかわたくし以前ひまでくそひまで、GWとはいえども、もともと無職やばいよ状態なのです。

それは、雇い主、ではなくて雇い主にとってもGW。

片や長期の連休、片や繁忙期。

 

わたくしめは、この地に「繁忙期」となるような仕事しかこの先みつからない。

ので、暇くそ暇なのです。

 

「繁忙期」に今、ある仕事において重要なこと。それは「体力、または普通の脚力」を求められています。が、

私はみなさま、もしくは知らない方の方が多いのかよくわかりませんが、私は今現在「普通にあることができない、あるくことはできるけれども、簡単にいうと走ることができない」という状態なのであります。

 

ですので、そのための歩行訓練などが必要なのですが、歩くということはひまくそひまであり、当然、「自分と向き合う」ということが必須となります。

歩けど歩けど、まったく完治の気配のないことを感じつつ、なんでこんなことになったんだろう、ばかみたいじゃないか、もしかしたら一生このままなのか。それでも働かなくてはいけない飲食店またはコンビニエンスストアとかそんなところで!!!!

 

みたいな感じになってしまい、やはり歩行訓練は中断してしまう。本当に、歩いて歩いて歩いてなんとかなるのかわからないのです。

頑張ったら、必ず願いは叶う!そんなくそな言葉に励まされ。。。ません!

 

こういう感じなので、とりあえず、文章書き力を満たそうと、ここでは日記ではなくて、小説を書いたりしようかなと思います。

 

しかし、私は実は「読書はしているが小説というものはあんまし読んでいない」という人間なのです。ノンフィクションにエッセイ、評伝、またはくだらない系の芸能人の本など。

 

根本的に「なぜ実在しない他人が喜んだり夢を叶えたり失望したり泣いたりするのを読まなきゃいけないのか」という、根本的な疑問がから逃れられないのです。

しかし、私は「美味しんぼ」「ガラスの仮面」などの本が好きで好きで、昔は漫画家を目指したほどなのです。

そして、私は考えました。いろんな漫画の・・・「タイトルのみ」を!

 

恥ずかしくなってきました。

 

要するに、「タイトルのみ」しか考えられない人間だったということ。

それは今でもそうなのです。このブログもそうです。タイトル書くだけで満足している。

小説でもそうです。タイトルのみ、の物がたくさんある。それもどれも面白そうなタイトルばかり。。。絶対書いたら面白いのに、未だに1作も実のものとはなっていない!

 

ここではそれらいったんリセットして、しょしょ小説にトライしてみますね!

でも、何も浮かばないのです。。。やはり。何もないから!孤立しているから!

とりあえず「孤立からの脱出の妄想」を書いてみようかなと思います!!

次回から・・・

 

だから時間をつぶしたい。