さようならピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

完全敗北宣言

こんばんわ。まえむきです。

僕は考えを改めて、今までの自分のままではいけないとおもい、出来る範囲で自分を変えていこうと決意しました。

新しい仕事は、これから面接を受けるところ、に決まればいいと考えています。

この前受けた面接は、感触は悪くなかったのですが、あまり良い情報ではないことを事前に聞いてしまい、それでは無理だな、と考えたので、まだ結果はきていませんが辞退しようと思っています。

「そこで働いたら、嫌なことが待っているかもしれない」ところだ、と気づいたからです。それも前にあって、そこから逃げたということが、自分の中で恥と後悔になってしまいました。

 

僕は、とりあえず新しいところ、そこになんとか決めて、そこで働き、無心になって働いて、自分を立て直して、またそこからのことを考えます。

 

東京に帰りたい、長野から出たいという気持ちには変わりはありません。

過去のこと、楽しかったけど失った日々のことが忘れられなくて、苦悩しています。

それが頭から離れなかった。だから忘れようとした。

 

でも、できなかった。できなかったから、もう開き直って、ずっとずっと思い出して、美しい過去があるということは、良いことなのだから、それを励みにして頑張ればいいんだと気づきました。

 

日に日に、僕は長野に対しての嫌悪感が強まっていることは事実です。

でも、ここでまず働いて、まずはその次のこと、自分の本当の人生をやり直すことにします。

 

どうかどうか、僕にもう少し幸福的なものが訪れますように。

神頼みしかありませんが、今後の日頃の努力にかかっています。

 

欲望のままに、感情のままに、いつか生きられたら。

それは、会社とかではなく、他の方法で暮らしていくことがベストだと考えています。

 

もう、あれ以上の会社には入れない。もうマークシティ、ヒカリエで働けるようなことは一生ないと思うから。もう望まないのです。望んでいたわけでもありませんが。

 

この先は茨の道です。もっとひどい仕事に就くことになるかもしれませんが、僕は覚悟しています。

 

今後とも、僕の悲惨な人生を見届けてくださいね。

ありがとうございます。

 

まえむき