さようならピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

マーチ・エイプリル・メイ

3月 

4月

5月

 

わかる人にはわかると思うのだが、これは曲名。

www.youtube.com

例によって、吹奏楽の曲。

高校生の時にこの曲は演奏はしなかったが、コンクールでよく聴いた。

たしか高校二年生の時の課題曲の1つだった。

僕達は「ターンブル・マーチ」という曲だった。そうだ全曲マーチだったこの年は。

小長谷宗一の「スター・パズル・マーチ」は今でもよく演奏されている。ディズニーみたいなそんな曲だろうか。

あと、「潮煙」という歌謡曲みたいな変な曲があって、この曲は演奏会でやった記憶がある。トランペットのソロのメロディに吹奏楽の曲だから歌詞がないのだが「しおけむりー」なんて付けて歌っていたり。

 

今日は回顧モードではありません。

今日は回顧モードでもない。のに、そういうことが書けるような日になったとまだ6時なのに、思ったのです。

 

今晩、僕はよく眠ることが出来ました。

よく眠ることはあっても、ここ最近はそれは導入剤の助けを借りたものでしたが、昨晩はそれを服用しませんでした。

眠りへの「導入」がスムーズに行われたということです。

無意識に眠りへ落ちた。そして無意識に目覚めた。

なので、最初は混乱しました。

ここはどこなんだろう 今は何時なんだろう

当たり前のことが、素直に受け入れることができなかった。

 

ここ最近の僕は、先にすすもうという強い意思があった。

それにすすめばいいだけなのに、やはりこわいおそろしいという気持ちもあって、それに苦しんでいた。

そして過去の自分をこの街に見ていた。見ざるを得ない状況だったからだ。

この「マーチ・エイプリル・メイ」について考えたのも、その影響なのかもしれない。

 

3月までは最悪だったけど、その後に繋がった月だった

4月は、今「久々に普通に眠れた自分」がいるということで、良い日になったのだと思う。これからはわからないけれども。

5月はどうなんだろう。わからない。

どうあがいても、人生は続いていく。

良い日になればいい。

素直にそう思う。

いろいろなしがらみや、こだわり、そして過去のことを乗り越えて。

それも肩肘はらずに、てきとうにやればいい

 

そう思う、今日このごろです。