おやすみピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

七年前にピアノを弾いた動画です

どこにあるのか、不明でしたが、自分のブログにリンクが貼ってありました。

maemuki.hatenablog.com

2010年に、家で電子ピアノで弾いたピアソラの「Adios nonino」です。

おそらく、最後に譜面である曲で初めて弾いた曲で、一番むずかしい曲がこれです。

 

今は、この譜面もあるのですが、この時のように弾けません。

同じ電子ピアノです。この時は、東京の新宿区の家でした。

よく覚えています。

 

今は、遠く離れたところで、確かに弾いた動画が残っていてそれを見ている。

後ろには、その電子ピアノがある。

なんだか、複雑です。

 

でも、ぼくはふたたび立ち上がりたいです。

夢をもういちどみたい。

ピアニストなんて、お畏れたことではありません。

でも、パスワードの再発行に必要な「質問」で

「小さい頃の夢は?」とあり、「ピアニスト」と入力してしまいました。

小さいの頃の夢は、たしかにそうだったのかもしれません。

でも、それは自分にはできなかった。でも夢は夢。小さい頃の夢だったの事実です。

 

結局、ぼくは音楽も何も、社会人としても

何ものこらなかった。のこせなかった。

 

なにもないからこそ、立ち上がらなければいけない。

 

自分が味わってきたもの、それをヒトに伝えたい。

音楽を通して。

そういう思いだけは、まだ残っています。

 

臆病で弱気ですが、なんとか立ち上がりたい。

 

過去の自分の演奏に、励まされてしまいました。

彼の演奏は、けっこう良いと思うのです。

この頃、会社は良いところで働いてましたが、本当は凄く悩んでいて、その会社をやめたこと。それがきっかけで人生につまづいてしまった。

 

それを思い出すと、普通に聴こえないのです。

 

恥ずかしいけど、これも自分の生きた証なんだと。

痛感させられます。

 

恥ずかしいけど、もっと自分の生きた証を残したい。

そう思います。

七年まえの自分、ありがとう。