読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみプーランク

クラシック音楽に関するレビュー、雑談などのブログです!

究極のリア充音楽 メンデルスゾーン「弦楽8重奏曲」変ホ長調 Op.20

メンデルスゾーン

お金持ちっていいですよね〜

僕のうちなんて長野で新しい部屋を借りるお金が惜しいらしくて、月7000円くらいの公営住宅の抽選待ちなんです〜。今は別荘に一人ですんでいるんですけど、山過ぎて働けなくて、無職で貧乏なんですよ。

だから、「お金持ち」じゃなくて「普通に働いてお金もらってる人、金額問わず」がみんなうらやましいんですよ〜ほんと〜でも、Facebookとかを見るとみんな豊かな、心も豊かな生活を送ってるみたい。でうらやまし〜 

ちくしょ〜って感じですが、ひとまず、ここで僕が知りうる限りで「一番金持ちそうなところで育った音楽家メンデルスゾーン様の大好きな曲「弦楽8重奏曲」について紹介しますね〜

www.youtube.com

メンデルスゾーン様のご実家は超金持ちのようです。なんと家に神童フェリックスのために、常駐の弦楽オーケストラを置いていたとか。そして毎週お庭でコンサートが催されていたとか。フェリックスってメンデルスゾーンのことですよ。フェリックス・メンデルスゾーン。本名はもっと長いです。ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ。ヨーロッパ人って何なんでしょうかね。日本人で子供に心愛(ここあ)とかつけるのと、あんまりかわらないような気がしますけど。

 

そして音楽の才能もありながら、金持ちだったので音楽だけではなく様々な教育を受けて、その高い教養も語りづかれるところです。

そしてメンデルゾーンさまは「イケメン」でした。当時はもちろん写真なんてありません。しかし「肖像画」は数多く残されています。それは「金持ちだった」という証でもあります。でも、お年を召されてからの肖像画はわりとイケメン臭を消しています。

しかしモテモテだったようです。そりゃ〜そうだよな。

子供のころの肖像画は可愛かったです。まさに神童!

f:id:maemuki:20120716073808j:plain

 

そして、ヨーロッパの哀しい部分に悩まされてもいました。それは彼がユダヤ人の家系だということで辛い目にあったようです。最大の悲劇が起きる前に亡くなったことは幸運、というには悲しすぎますね。◯◯人だから差別とかまったくわからない。

小学生の時に長野に引っ越して、「部落差別」というものがあるのを知りました。「部落差別をやめよう」という教育、「同和教育」というものがあったのです。

僕はびっくりしました。「田舎だからそんなものがあったのか」と思ったのです。名古屋ではそんな教育はなかったから。でも全国的なものだったようで、今も根強く残っているとのこと。ほんと馬鹿だなって。人間って。そして長野県民って。田舎って哀しいあ、すみません話がそれました!差別反対!

 

この、「弦楽8重奏曲」は、彼が16歳の時、おそらく青春真っ盛りでモラトリアムなどなかっただろう時期の曲です。ちなみに「弦楽四重奏」の楽器がそのまま倍になった編成です。音は一緒なので弦楽四重奏でも演奏できます。なんで八重奏なのか。それは、やはり彼が金持ちだったからかもしれません!

しかし、この曲に漂う、幸福感は凄いです。きらめきクラシック!

出だしから、光溢れる未来と夢見る現実を生きる若者の美しいこころが表れています。

豊かな家、溢れる教育、向けられる美女からの熱い視線。うつくしい庭園。自分のためだけの生活する演奏者。毎週開かれる自分のための演奏会。それは僕の彼に対する妄想かもしれませんが、それでもすごすぎて、逆にうらやましいとも思えない。

しかし、そんな生活が浮かんで見えるような、素晴らしい曲です。

 

彼の人生は、偏見に苦しめられながらも、「ヴァイオリン協奏曲」をはじめ、数々の名曲を残し、指揮者としても忘れされていたバッハの「マタイ受難曲」を復活させるなど、音楽の歴史に名を残しました。そして過労のため、38歳で亡くなってしまいました。若すぎますね。僕より下でなくなるなんて。奥さんと子供もいたそうです。

 

ちなみに「四重奏」は「カルテット」ですが、「八重奏」はOctet 「オクテット」です。あまり弦楽八重奏の曲はないですね。木管とピアノが入ったりするものはありますが。

この曲はとにかく出だしの一発目のメロディが最高です。メンデルゾーンは、保守的でもありながらも、聴衆を意識した改革を行っていてこの曲にもその影響があります。

前奏がなく、メロディから始まる。超有名な「ヴァイオリン協奏曲」もそうでした。

www.youtube.com

普通「ヴァイオリン協奏曲」は長い長いオーケストラのイントロがあって、その後にヴァイオリンソロが入ってくる。ヴァイオリンに限らず、ピアノでもそうです。しかし、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲は開始2拍でいきなりはじまる。

この「弦楽八重奏曲」は1小節目からいきなりメロディがはじまります。このメロディが最高です\(^o^)/青春バンザイ〜って感じです。

いきなり、いきなり引きずり込まれます!メンデルスゾーン家の庭園のコンサートに・・・。良い曲です。

 

メンデルスゾーンはまだまだ聴いてない曲が沢山あるので、もっと勉強しまーす

あ〜金持ち〜

 

それではおやすみフェリックス!