さようならピンクコート

架空の人物、ピーター・ピンクコートの日常を綴るブログです。

とにかく疲れています

今日は仕事中にピンポーンとなって、待ち望んでいたカードが届きました。サザエさんのかわいいカードです。多羅尾を幾等とタマ♥です。僕は多羅尾幾等は好きではありません。タマは大好きです。ハチ(隣りの伊佐坂先生の家のかわいい犬です)も好きです。タマがおこたでおねんねしているのが好きなのです。人物でサザエさんで一番好きなのはもちのろんでマスオさんです。マスオさんのやさしさ、人の良さ、コミュニケーション能力の高さ。そして声優を務めるマスオカさん。増岡弘さん。まるでマスオさんの生き写しのような素晴らしい方だという事を聴いたことがあります。なんて素晴らしいんでしょう。波平も舟もカツオもわかめも声が変わってしまいましたが、サザエさんとマスオさんはそのままです。万が一マスオさんの声が変わってしまったら。ああ!どうしようと思います。その「マスオさん増岡弘さんロス」なんて想像もつきません。ああ、ああ。僕にとって「サザエさん」は経典そのものなのです。アニメではありません。漫画のサザエさんです。アニメなど所詮亜流なのです。アニメの中には四コマ漫画からの引用がたくさんあります。エンディングテーマのバックに流れるものは、全てといってもいいほど、4コマからです。しかし「サザエさん」は新聞の社会面の4コマだということを忘れないで下さいね。社会問題、風俗、流行、その当時の話題が実は多いのです。

 

ここまで無意識に書いてしまいました。そうです。私はひさびさのストレスから解放されて、カツ丼などを食べました。そして銭湯にも行きました。なんて良いことなんでしょう。そして今日も明日も仕事です。うれしいです。かつては「働きたいニート」としてのキャラをこの日記でうったのに。あらしかも明後日も仕事でした。ああいそがしいいそがしい。しかしワタクシめは自宅作業なのですから、ずっと1人でMacintoshに向かってモクモクとチャットの日々なのであります。外に出るにも暑いのですし、悲しかななにもありません。つまり「働きたいニート」から「働いているひきこもり」というよくわからない状態になってしまったのです。あああ。

 

ここで今日わたくしめが録音をしたピアノを聴いてくださいね。なんとなくまた過去の曲をなんとなく弾いてみたのですよ。「ばら科」という曲で歌詞もあるのですが、歌は入っていません。カラオケも前は作ったのですが、Macintoshが故障で再インストールしたら全部プラグインなどが消えてしまいました。哀しいですね。なので2万円の「LogicPro」がほしいのです。2万円なんて!かつて海外旅行に散々行っていたのに。そんなお金も払えなく成りました。なさけないですね。

 

雪の中の森に咲いた薔薇を見た少年が、また見に行こうとする。

冬に薔薇はさかない。夏の花だから。

でも咲いていたから、森に行く。

迷い込む。凍える。

でも薔薇はそこに咲いていた。それは自分だった。

僕は薔薇だけど、薔薇ではない。今度生まれ変わる時には、本当の薔薇に。

www.youtube.com

 

ばら科

うさぎ 追いし
迷う 森に
映える 闇に
消える 空が

ここは何処だ
ここに いない
僕はいない
それは消えた

 

見間違い それとも虚構 寒い森 花が咲いてる

赤か黒か色が分かる 暗いここも 色が見える

花が咲いた 風に吹かれ
飛んでいくよ 弱い体

黒い森は果てにならず 深い闇と同化してる

 

雪は積もり 花は咲いた これは想かも 現(うつつ)であれ



嘘をついて いたわけじゃない

生きるために

そうしただけ

だけど次に

産まれる時は

薔薇に!薔薇に!本物の薔薇に!

(静寂) 3:43ピアノグリッサンド

途絶えるのは私か薔薇の花か 最期 飛んでいく花びら ふわり Cメロ4:25

教えて ほしい本当の薔薇 本当の夢

ばら科の花

 

わけわからないことをつぶやいて最後に真面目な事をハッシュタグでつぶやく「滝沢カレン」さまのInstagram的な手法をとってみました。つかれているのです。 

都落ちから一年たちました

来週から、仕事の時間が増えます。今までよりも、時間も日数も。

そして新しいちょっとだけやる短期のアルバイトも始まります。

そして、お給料日もあります。給料はほんの少しですが、余裕のある生活が送れます。

僕は財布落としによって、貧困不安絶望孤独こりつ、そんな感じでしたが、ここはひとつ仕事をもっと頑張ろうと思います。

なんだか普通の日記ですみません。

肝心なことを忘れていましたね。

紙に字を書くのはあきらめました。

あまりにも字が下手くそで…でも絵は悪くないかなって。

 

f:id:maemuki:20170720231345j:plain

ここにはあげていなかったので、あげますね。結構いいでしょう。特に下の…現実まえむきさん。特に右側吹き出しの「さわやか」というのがテキトーさ加減が良いと思います。あと上吹き出しの「全員氏ね」とか…しかし肝心の左の「長野はクソ」の「長」が崩れています。ツメが甘いですね。

そうなのです。僕は何をやるにしてもツメが甘いのです。それをわかっているのでなんとかなる、とも思っていて、なんとかならない。しかしやはりわかっているので

ああ、こんな感じです。混乱しています。

とりあえず、「農協銀行」のキャッシュカードが届いて、めいいっぱい間食ができれば落ち着くと思うのです。間食大好き。体重が減ったのですが、それはお金がなくて間食を食べられないからだと、気づきました。

残りのお金も少ないです。昨日もお金がないのにココナッツサブレを買ってしまった。反省しています。

ああ、ほんとうにくだらないですね。おちもありません。

とりあえず、タイトルが全てです。都落ちから、1年たちました。

僕には1年だなんて信じられない。もう10年くらいたった気持ちです。

そんな感じです。

 

 

旧友に出したメール

**さんお久しぶり

お元気ですか?
前回の誕生日のメールが届いたその日、その日にね、実は新しい仕事がきまったんだよ!
東京で最後にやった仕事を、長野の自宅でできる仕事につけました。もう働いています。
なかなか慣れるのは大変だけどね。
そんな感じなんだけど、特に何もないわけではないよ
財布を落としてしまって、大変なことになったよ。落としたというより、忘れて一瞬の空きに盗まれてしまった。
届けは出したけどまだ連絡ないよ。
こんなこと、東京でもなかったのに。ひどいよね。
でもまあ、忘れた自分が悪かったんだけど。
 
だからいろいろカードを無くしてしまって、今、お金がないんだよ。
でも、もうすぐ入ってくる。だからそれまで我慢してるの。
こういうの慣れちゃった。我慢することに。本当に親に財布を落としたことを話したら助けてくれると思う。
ももう頼りたくないの。これ以上依存したくない。今も依存しているからこれ以上はしたくない。
財布はもう帰ってこないし、カード等の再発行手続きは済んだから。
 
最近つらいことはね、つらいことばっかりでごめんね。
コンビニエンスストアのアルバイトは足が悪いのが理由でやめたんだけど、そうしたらずっと自宅なんだよね。
外も暑いし、出なくてもラッキーなんだけど。やっぱりそうなると、ずっと1人なんだよね。
この地に友だちはいないし、友だちもできそうにない。人が少ないからね。
それは言い訳なのかもしれない。言い訳なのもしれないけど。
どうしようもないんだよね。
 
さみしい、とかそんなことをシンプルに考えてしまう。こわいね。孤独って。
誰もそんなことを話せる人が近くにいない。近くにいても話せないけど。
僕が本当はこんな人間だって。わかってくれる人が近くに、そして遠くにもいないのかもしれない
 
でも、どうしようもないんだよね。
孤立は孤立を呼ぶから、どうかするしかない。
 
昔、音楽をみんなで本気で頑張っていたころが懐かしいね。
みんなに囲まれて、毎日毎日笑って話して、楽しんで。一緒にご飯食べてね。
ガスト行って、まずい飲み放題のスープを「クソスープ」って呼んでたよね。
この前近くのガストに行って、思い出したよ。そして飲んだ。やっぱりまずかったよ!
しかも、あの頃より美味しくなくなった。1人だからね。
1人で何かを食べてもちっともおいしくない。
 
僕ね、逃げ出した仕事場で最後に仲良くなってくれた二十歳の子たちと仲良くしてね
彼ら(男女2人だよ)がお寿司に誘ってくれてね。行ったんだよ。
二人とも若いから、ただただ純粋で、ただただまぶしかった。
「1人でご飯食べてもおいしくないよ」なんて言えなかった。
僕は彼らに、僕のようになってほしくない。有名な会社で働いても最悪な人生が待ち受けてる。
そんなことを話したくなかった。辛かった。
でも、彼らは邪推なんかしない。ただただ、純粋だった。
 
僕はいまとても辛いよ。
どうでもいいよね。
お子さんは元気かな?旦那さんは?
そして**さんは元気なのかな?
きっと元気だと思う。幸せだと思う。
思うんじゃなくて、そうなんだろう。
 
そう伝えてほしいんだ。
きみがうらやましんだよ。ほんとうに。
何十年後の僕が、こうなってしまったこと、申し訳ないと思う。
本心はあの頃に戻りたいんだ。でも無理なんだ。
せめて、僕は頭の中でそうすることにする。
きみを見ならってね。目に見えるものだけを信じないようにするんだ。
 
ごめんね。
おやすみなさい。
 

親子の共通点

19時くらいに寝てしまい、ちょうど「月曜から夜ふかし」がはじまる直前に起きました。あまりそういうことはなかったので、気になる兆候です。

節約生活はいつまで続くのかまだわかりませんが、確実に解決までの時間には近づいている。それまでは我慢我慢。

しかし節約と言うものは疲れます。「なんとなくほしいな」というものを我慢せざるを得ない。それがストレスになってしまう。

そうなるとべつにそんなことがなかった日々が恋しいです。

 

今就いた仕事は、当面収入が低くなりそう。もしかしたら、1日5時間だけの仕事…になるかもしれない。そして週に5日も入ることはなさそうなのです。

それでも、この地においてはマシな仕事。他の仕事と両立できれば良いのですが…

 

というように、やはり絶望的でもあります。どうしたらいいのか。

お金がほしい理由は、ここから出たい。東京でなくてもいい。もっと楽しい、住みやすいところ、車がなくても十分に住めるところに行けたらいい。

そう考えると、やはり欲深くなります。また海外旅行に行きたい。もっとヨーロッパに行きたい。タイでボーーッとしたい。ノルウェーに行きたい。パリで死にたい。

 

こんな感じで、僕の頭は常に回っています。頭の中は現実から逃避した「先」のことばかり。現実から逃げた先のことまで考えるなんて。しかしそれに対処するためにはどうか、ああしよう。でも、みたいな。

でもまあ、皆さんそんなものなのかもしれません。わからないです。最近「実のある会話」を人としていないからです。

どうやったらそのような生活に戻れるのでしょうか。

こういう状況の人は、他にもいるはずだと思っています。その人達と繋がればいいのかもしれない。「地元愛」がさっぱり無い、出ることだけを目標に生きている人。生きてきた人。

僕の父は、祖父が創業した名古屋の工場から長野へ脱サラしてペンションを建てました。事実上、逃げたのです。

だから、長野からは離れられず、名古屋には帰れない。

僕も父と同じように、長野から逃げる。そして離れずに新しい土地で暮らす。長野には帰らない。

そう気づきました。そのように全てがなっている。

そう信じたいです。

 

早く今を思い出にしたい

アレな毎日が続いています。今は耐える日々。お金がないのです。それもありますが、仕事でも失敗をしてしまった。あーそんなことばかりです。コンビニバイトでもそうだった。今度はそんなことはないはずだったのですが、やはりありました。

今は辛い時です。ほんとうに辛い。こんなことを話せる人も近くにはいない。そうなってしまった。そのような生活を選択してしまった。でもそうするしかない。みじめでもすがりつくしかない状況なのです。

いつか、またかつて音楽をひたすら頑張っていた時代に戻れるように。ひたすら耐えてやっていこうと思います。ここではできないから。

そして、東京がやはり恋しい、とうか単純にここはつまらない。毎日そう感じています。ほんとうに何も起こらない。起こったといえばサイフを落としてそのまま持って行かれたことくらい。

こんな退屈なところ、ごめんです。僕は間違っているのでしょうか。東京の日々の素晴らしい体験、それがもう味わえないなんて。つまんない街でグダグタいうような日々。

早く今が思い出になればいい。

早く今を思い出にしたい。

あんな日々があったよな〜 あの時は辛かったな〜

抜け出せてよかったな〜 ああほんとうによかった

あの時の自分に伝えたい ほんとうによくがんばったね

 

そう思うのですが、今、僕は何も頑張れない。頑張れない自分がいます。

でも、諦めたくはない。

早く思い出にしたい。こんな日々を懐かしく振り返ることができるように。

一歩一歩、進んでいくしかないのです。

 

明日は、ちょっとした収入のため、というより本当は孤独解消のための短期のアルバイトの打ち合わせに行きます。立ち仕事なので足は不安ですが、ハードではないと推測されます。たぶんです。わからない。足は少しよくなりましたが、なんせ最近歩いていません…

だから、こんどから歩こうと思います。

明日を夢見て。

この街から抜け出せるために、歩くのです。この街を。